0120-969-003

〒920-0356 石川県金沢市専光寺町ワ 56-1
TEL 076-266-1212

0120-969-003

〒920-0356 石川県金沢市専光寺町ワ 56-1
TEL 076-266-1212

はまちゃんブログ

  •  利口な水鳥たち。!!

    事務所前の川に水鳥たちが沢山集まって来ています。此処の場所は禁猟区で水鳥はその事を知っているようです。猟期が始まると直に多くの水鳥が集まってきます。多い時には数百羽集まっており中には珍しい水鳥もいるようです。今回写せたのは、カルガモ・オシドリ・コガモ・オオバンの4種類です。寒空の中で懸命に餌を啄んでいる姿です。・・・はい

    石川県金沢市工務店の親父

  • 真冬並みの寒波。!!

    師走に入り厳しい寒さが続きます。又白峰では積雪が1㍍近く積もったそうです。今夜か将軍様が出張り、平野部でも雪模様になりそうです。今年も残り少ない中、風が流行っており、皆様方もお風邪など召されない様にお体には十二分に、ご自愛ください。今年の秋口に職人さんが、ご結婚されました。お若い二人が末永いご多幸を念じています。今日は風邪気味の為に頂いたワインを薬代わりに飲みたいと思います。昔から酒は百薬の長とい言い、適度に飲めばポリフェノールの効果に、長寿のおまけが付くかもしれない赤ワイン、この言葉がぴったりのお酒ではないでしょうか。・・・はい

    石川県金沢市工務店の親父

  • 自宅で収穫。!!

    自宅裏でナメコの収穫をしました。菌を植えて数年が経ち今年が2回目の収穫となります。まだ小さなものもありますので、大きめの物だけを収穫しました。やはり天然ものとは色合いが少しばかり薄く味も大味であります。やはり天然のナメコには適いませんよね~。・・・はい

    石川県金沢市工務店の親父

  • 大荒れの寒空に。!!

    弊社の事務所前の小川にオオバンが数羽泳いでいました。このオオバンは額が白く分かり易い鳥です。何時もは湿地のある葦の中に潜み滅多に姿を現しませんが、この時期には水面で餌を求めて集まってきます。所が一羽の番が少し様子がおかしいのです。良く見るとか羽が折れている様に見えます。何か小動物に襲われたか狩猟が始まっておりますので間違って撃たれたのではないかと思います。之から益々寒くなり餌が少なくなって行きますが、何とか春先まで無事にしのいで欲しい物であります。・・・はい

    石川県金沢市工務店の親父

  • 大時化。!!

    ここ数日海や山、平地までもが荒れ狂っております。強風が吹き荒れ海は7メートルを超す大波が打ち寄せています。県内では高潮の影響も出ています。また強風の為可なりの被害が発生しているようです。山々は既に積雪が有るそうです。今日一日で里山も白く染まる事でしょうね。益々寒くなります。皆様もお風邪など召されない様にお体を十二分にご自愛くださいね。・・・はい

    写真は大しけの海と波の花の写真です。

    石川県金沢市工務店の親父

  • 石川県防災士。!!

    防災士とは、平常時、災害時を問わず、それぞれの地域において自発的意志に基づく自助・互助のリーダーとなることが期待されている存在なのであります。発災時には市町村、全体が被害を受けている可能性が高く、とりわけ発災直後では公的な援助・支援を受けることが極めて困難という事態が十分に考えられ、したがって、発災直後には自らの力によって被害の最小化に向けた適切な行動をとらなければならない。また、災害発生直後、他からの支援なしに自らが壊滅的な状態にならないよう普段から準備し備えて置くことが必要であり、それらに対する備えを確実に行うと共に発災時において、自らを守るために行う適切な行動を実践する事と発災時に、まだ公的救援が十分でない時であっても、地域周辺の人々の救援は大いに期待でき、当然のごとく、自らの安全を確保した上で支援が可能になるのでありますが、その力は発災直後の地域の住民の救出・支援、とりわけ災害弱者のケア等において大きな力となり、防災の地域力となるのであります。・・・はい

    一部の写真はお借りしています。

    石川県金沢市工務店の親父

  • 時の流れ。!!

    今日から既に師走に入りました。時の経つのが本当に早いですね。師走の言葉を聞くだけで何故か気忙しく感じますね。週末からは低気圧が発達し西高東低の冬型の気圧配置になり可なり強い勢力の冬将軍が出張ってきますね。可なり気温が低下するものと思われます。皆様方もお体をご自愛されお風邪など召されない様にして残された一か月を無事に駆け抜けてくださいね。又庭の木々も艶やかな赤い実を付けて殺風景な庭を彩っています。・・・はい

    石川県金沢市工務店の親父

  • 警備訓練。!!

    先日、専光寺海岸での警備訓練に参加して来ました。西警察署・金沢海上保安部・私が所属する地元の沿岸防犯協力会の会員が参加し密航者の捜索を行ってきました。洋上には保安部の警備艇、わしかぜが出動し洋上の警備に当たりました。また管内の海岸線の距離は約10㌔近く有りますが全て砂浜であり密航者が上陸しやすい場所であり近くには洋上から目安となる大野灯台が有ります。また管内は、道路網が整備されていて密航者には最適な場所となっており、公的機関だけでは警備が手薄になる為に民間の私達がお手伝いしていますよ。・・・はい

    石川県金沢市工務店の親父

  • 世代交代。!!

    昨日点検に吉野谷まで行った帰り道に林道に立ち寄ってきました。石川県内の全ての山々が木々の世代交代が始まっており、既に10数年余りが経ちます。中には朽ち果ててしまい若木の肥やしに成ります。沢山の恵みを山に与えて最後のご奉公となります。私達にも山の恵みを沢山与えてくれました。本当に有り難い事であります。之から又数十年のサイクルで同じ様な事が繰り替えし置きます。其れまでは天然なめこは以前の様に貴重のキノコとなりますよ。・・・はい

    石川県金沢市工務店の親父

  • 今日は、報恩講の日。

    お仏壇をまつる最も大切な意義は何でしょうか。それは、お仏壇は、私たちが仏教徒として生きる信仰実践のよりどころである、ということなのです。曹洞宗の信仰実践の基本は、端坐(たんざ)・合掌(がっしょう)・礼拝(らいはい)です。静かな心で端坐し、お釈迦さまに合掌礼拝することにより、私たちの日々の生活を反省し、教えを生活の中で実践する活力を生む事だそうです。そして、その実践が心の安らぎへと連なっていくのです。ご先祖さまをおまつりし、おまいりするということは、生命が、生命から生命へと受け継がれ、今の私があるということへの報恩感謝の実践といえるでしょう。それは、私が私ひとりで生きているのではなく、多くの生命によって生かされているのだ、と深く実践することでもあるのです。報恩顧は今日から来年2月頃まで仏・祖師などの恩に感じて仏事・布施などを行うことなのです。・・・はい

    石川県金沢市工務店の親父