0120-969-003

〒920-0356 石川県金沢市専光寺町ワ 56-1
TEL 076-266-1212

0120-969-003

〒920-0356 石川県金沢市専光寺町ワ 56-1
TEL 076-266-1212

はまちゃんブログ

  • 石川県防災士。

    金沢市内で耐震補強が進まない中で耐震補強しなくても命を守る方法がます。大金をかけて耐震補強するだけが家族や自身の命を守る方法ではありません。家具の固定だけでもかなり効果がありますが、大抵の人は日中、学校や仕事場に出ており、家で過ごす時間はそれほど長いものでは無いのです。家にいる時間の大半が睡眠時間という人も多いでしょう。寝ているときの安全さえ確保できるなら、家屋倒壊による人的被害は大幅に低減できます。起こるかどうかわからない地震に備えて耐震補強に大金はかけられないという人は下記の方法を試してみてはどうでしょうか。2階で寝ると言う最も簡単で最も安上がりな方法が2階で寝ることなのです。地震での倒壊の建物の写真を検索してもらえば判りますが、殆んどの倒壊家屋は1階部分が潰れてしまっているのです。2階部分は健全なまま二階腰上に載っているのが大半です。1階は2階の重量と屋根の重量の両方を分担する為2階より沢山の壁量が必要になります。しかし古い家では1階に大きな窓や居室を取っているため、十分な壁量が確保されていない場合が多々あります。どんな物でも壊れるときは弱い部分に変形が集中します。その結果、2階は問題無いけれど1階は潰れてしまうと言う状況が起こります。こうなると1階に寝ている人は最悪の場合、圧迫死してしまいます。2階に寝ている人は大きな揺れで驚きますが大きな危険では無いのです。2階で寝れば圧迫死から逃がれます。また田舎ではシェルターをお勧めします。古くて大きな家に、恒例の母親や父親が住んでいる田舎では良くあることだと思いますが、こうした、お宅では耐震性が非常に低く耐震補強は急務だと思いますが、建物自体が大きい為に耐震補強等には余分な、お金が掛る為に、高齢者のお爺さんや叔母ちゃんが亡くなった後には誰も住む予定がないといった理由で耐震補強されない場合が殆どなのです。2階で寝ようにも足腰が悪く大変な為に如何すれば良いか、しかしながら、その様な時にも安心して住んで頂けるシェルターが販売されております。頑丈な屋根がついており、家屋が倒壊しても寝ている人が守られる構造になっています。防災品を備蓄して置ける棚もついており、最悪の状況でも命を守る事が出来るのです。・・・はい

     

    石川県の防災士の親父

  • 石川県金沢市の工務店。

    N様邸新築工事の基礎の鉄筋工事が行われています。ここ数日お天気が良く作業も捗っております。この時期にしては本当にありがたい事であります。来週には鉄筋検査が行われて土間やベースの打設が行われます。また打設が終わり直ぐに基礎の立ち上がりの型枠が組まれ打設をします。何とかお天気に恵まれることを願います。・・・はい

     

    石川県金沢市の工務店の親父

  • 石川県金沢市の工務店。

    S様邸新築工事の金物検査を受けました。勿論一発で合格です。アルミ建具も全て取り付けられて帽子いテープも全て張られて軒裏工事が始まり完成すると塗装工事が始まり完成すると外壁工事が始まります。また内部造作工事も順調に進みます。床板が貼られて下地工事が終わり建具の枠が取り付けられて行きます。S様家造り楽しんで居られますか此れから毎日の様に形が変わりましので楽しみにして下さいね。之からがS様が長い時間を掛けられて選ばれた品々が取り付けられて行きますので大いに家造り楽しんで下さいね。・・・はい

     

    石川県金沢市の工務店の親父

  • 石川県金沢市の工務店。

    謹んで新年のご祝詞を申し上げます。旧年中は格別のお引き立てを賜り厚く御礼を申し上げます。皆様方のご多幸とご繁栄をお祈り致します。本年も相変わらずご愛顧の程お願い申し上げます。

    DSC_0004