電話番号

〒920-0356 石川県金沢市専光寺町ワ 56-1

メールバナー

省エネ住宅

サステナブルな暮らしづくり

エスキューブが提供する2つの安心

①構造の安心

在来工法

日本の住宅に代表される工法、寺社などが代表的
【メリット】
開口や間取りを自由に設計できる、増改築しやすい
【デメリット】
品質にムラが出やすい、工期が長い

2×4(ツーバイフォー)工法

欧米で盛んに使用される工法、大手ハウスメーカーが採用
【メリット】
構造的に強い、規格化されていて品質が安定
【デメリット】
開口や間取りに制限がある、雨に弱い

エスキューブは在来工法と2×4工法の良いとこ取り?!

②性能の安心

断熱材は最高峰の断熱性能を誇る「ネオマフォーム」

断熱性が高い

少ない厚みで高断熱を実現する「ネオマフォーム」で住宅全体がすっぽり包まれているため、外気温の影響を受けず室内の気温差が非常に少ない。

断熱材を薄くできることで、壁内の配管工事の際にも断熱材を傷めずに施工できます。

身体にも良い

しっかりとした結露対策

結露は暖かい空気が冷やされることにより発生します。

「温度差のある空気を近づけない」対策が必要です。

重要なのは・・・【温度差をシャットアウトする断熱】【外気の侵入を許さない気密】

優れた気密性

現場施工は施工ムラが出やすい・・・でもエスキューブは工場生産で加工精度抜群
繊維系や発泡系と違い成形品なので形状変化が起きにくいんです。

はまホームではエスキューブの枠材も全て東濃ひのきを使用しています!