電話番号

〒920-0356 石川県金沢市専光寺町ワ 56-1

メールバナー

はまホームについて

家づくりの想い


施工のこだわりと家づくりの想い

私、社長の濱田の家づくりのこだわりを紹介します。
その前に少しだけ当社の紹介をさせて頂きますね。

私たちは地元金沢に親子三代続く創業大正14年の地域密着型の工務店です。
祖父から父、父から私へと受け継がれた三代目になります。
幼いころからずっと家づくりを見ながら木とともに過ごし、『わしゃ~鉋屑(かんなくず)の中で育ったんや』と自分でもいうくらい、木のおかげで今の自分があるようなもんだと思っています。

昔は『大工の棟梁』は現場での大工仕事、お客様との間取りプランの打ち合わせ、建材設備の提案や各業者さんの手配、集金業務まで全て一人でやっていました。お引っ越し後でもお客さまから連絡があればすぐに駆けつけ、素早い対応をしていました。
『大工の棟梁』は『家の主治医』のような存在であり、技量と統率力を持ち一目置かれる誇り高き存在で、私から見た父もそういった存在でした。


その父から『大工の仕事以外の事も知っておくのが一流の大工の棟梁』と教えられ大工修行以外の色々な修行も行いました。
そのおかげで寺院の山門などの仕事をさせていただく機会もあり、金沢の妙正寺の山門の設計施工に携わり、『第26回金沢都市美文化賞』を頂きました。その後『第一号の大匠棟梁』の称号も頂く事が出来ました。

だからこそ石川県金沢市の工務店として、代々引き継がれた匠の技をそのままに、先代からの知恵と工夫をこらした丁寧な仕事をさせていただいてます。
工事に携わる棟梁たちも弊社で修行をし、気心がよくわかる職人達で作り上げております。
ですから一棟一棟が均一のとれた真心がこもった完璧な仕上がりになっています。

匠の技に、魂がやどる

縁あって設計施工させていただいた山門の修繕工事。
そもそも山門には、どういった意味があるのかご存知でしょうか。寺院は元来、山に建てられており山号を付けて呼ぶのが慣わしとなっているため、平地にあっても山門と呼びます。
中には寺院全体をさして言う所もあり、山門をくぐると仏へ至る道が続いているという寺院にとってはとても大切なものなのです。

説明の中に出てきた山号というのは、寺院によって付けていない所もあり、付けている場合についても、その寺院が所在する山の名称を付けている場合と、所在地とは関係のない、仏教用語を山号として付けている場合があります。

山門のどっしりと構えたその姿は、参拝者に仏へと至る道へ導くように、そしてこの道を見守るかのように感じました。この山門がこれから何年、何十年の時を重ね参拝者を見届け続け、長い歳月の中で建築物として、山門としての雰囲気がもっと密なものになり深いものになっていくでしょう。そうなることを、私たちは願っております。

このような尊い山門の修繕工事に携われた事を、本当に心より感謝させていただきます(合掌)。

妙正寺山門

妙玄院山門

受賞歴

建設功労賞 受賞

平成24年11月27日に建設功労賞と言う素晴らしい賞を頂きました。
この賞は石川県建設業共同組合の推薦を頂き授賞させて頂いた物です。
多年にわたり数々の建築物や文化財の補修工事・古民家再生工事・東山伝統的寺院群保存工事などの施工をさせて頂きました。
この様な工事の施工の全ては、お客様のお力添えで施工させて頂いた物です。
また、この様な立派な賞はお客様のお力添えが無ければ、とても頂けなかったものと思います。皆様のご厚意に心からの感謝を申し上げます。
これを期に益々精進し、皆様方のご期待に添える様、之まで以上に努力を重ね頑張って行きたいと思っております。
今後とも皆様方に、より一層のご愛顧とお付合いを賜ります様、宜しくお願い致します。

第26回 金沢都市美文科賞 受賞

古くからの街並みと新しい建物が美しく調和した街、金沢。
その中でも特に良いと思われるものを公募し、表彰するのが金沢都市美文化賞です。快適で魅力ある都市空間を形作りながらも周囲の環境や美観に配慮した建物、街のディスプレイやサイン、街路、小公園など毎年さまざまなものが選定されています。
受賞したのは、金沢市東山2丁目にあります妙正寺の山門の復元です。


妙正寺とは・・・

卯辰山山麓寺院群にある日蓮宗のお寺です。開山は日蓮の最後の直弟子、日像上人が上石川郡大野村においでになった時、民家で法談をして、妙正寺の寺号と曼茶羅を残したのが寺の起こりといわれています。兵火により、一切を消失しましたが、羽昨市妙成寺一五世の正覚院日條上人が寺を再興しました。寺宝は金沢で 一番古いといわれる立姿のお釈迦様像です。


木の匠部門 金賞

工務店のコンサルタントをしている、株式会社ナックさんから全国で数百社の中で、ベストハウス オブ ザ イヤー2012(木の匠の部門)で金賞を授賞しました。